沖縄の野球~アイランドスタジアム 学童野球から社会人、プロまで。沖縄の野球界を応援します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイランドスタジアム発 春季大会ベストナイン 内野手

FotoJet Collage1
Share Button

第64回沖縄県高校野球春季大会

は沖縄尚学の優勝で幕を閉じました

今大会では21本塁打(3位決定戦も含めると25本かな)が飛び出すなど

打者の力強さが各チーム極まっていました(昨年は8本でした)

昨年秋の大会では1本のホームランも無かったのが

噓のようでもありました。

その打撃力で

来る22日からの九州大会でも4校の活躍を期待します

アイランドスタジアムでは

昨年の一年生中央大会で初めてベストナインを選出してみました

一年生中央大会ベストナイン~内野手
一年生中央大会ベストナイン~外野手

今回は
春の大会のベストナインも選出してみました


ベストナイン表 2017 spring


MRK_0521捕手:神山 諒介(美来工科)
新人大会、秋季大会、そして春季大会と美来工科の快進撃を、山内慧と支えたのが神山。守りを終え、即バッター(2番打者)として切り替える難しさをクリア。12打数8安打で打率.667も凄いが、出塁率も.733。打者の能力をはかるOPSは、ベスト4の選手中、ナンバーワンの数値を叩き出した。
打率.667
出塁率.733
長打率1.000



KYR_2658一塁手:伊佐 翼(美里工)
山内慧とともに、大会2本塁打を記録。その他2本の三塁打、1本の二塁打をマークし長打率はベスト4の選手中3位の.870。九州大会でもレフトスタンドへのアーチに期待がかかる。
打率.391
出塁率.462
長打率.870



KNN_1734二塁手:仲村 匠平(興南)
一番の激戦区がセカンド。沖縄尚学・安里、美来工科・古謝と争った仲村だが打率と長打率で二人を抜きトップ(出塁率は安里がトップ)の成績を収めて選出。秋は下位に甘んじていたが、2番伊礼とのコンビは、美来工科のそれと同じ5割※をマークするなど、やや不振の中軸を補った。
打率.500
出塁率.529
長打率.689
※美来工科の1,2番は24打数12安打、興南は30打数15安打で両方5割



KNN_2119三塁手:砂川リチャード(沖縄尚学)
新人中央大会の4試合で3本塁打を放った稀代のスラッガーは、春の6試合8四死球と球の見極めに関しても秀でている。
長打率のチームトップは当たり前だが、2本の犠飛を記録。走者が三塁にいて、敬遠出来ないような状態で回ると、最低でも犠飛を打てる信頼感を与える好打も併せ持つ。
打率.444
出塁率.571
長打率.722



KYR_2985遊撃手:知花 稜也(美里工)
興南・上原(遊撃手として)、美来工科・松田を抑えて選出。打率チームトップ。7打点は、主砲伊佐を抑えて同2位。出塁率も4番崎濱に次いで同2位と、下位打線(6番)にあって、美里工打線の巡りを良くした。
16打数で三振が僅か1。選球眼、バットコントロールでも魅せた。
打率.438
出塁率.591
長打率.625


Share Button

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


憧れの前田智徳さんと

憧れの前田智徳さんと

Sponsserd link

Sponserd link

Sponserd link

Count per Day

  • 1844103総閲覧数:
  • 936今日の閲覧数:
  • 1641昨日の閲覧数:
  • 29848月別閲覧数:
  • 1217975総訪問者数:
  • 424今日の訪問者数:
  • 768昨日の訪問者数:
  • 5現在オンライン中の人数:
  • 2014年7月9日カウント開始日:
error: 閲覧下さりありがとうございます
ツールバーへスキップ