沖縄の野球~アイランドスタジアム 学童野球から社会人、プロまで。沖縄の野球界を応援します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球至極のことば1

img_1662.jpg
Share Button

僕ら高校野球ファンは
選手たちの真剣なプレーや
心からの笑顔など
グラウンドの内外で魅せる
彼らの姿に惹きつけられます

それと同時に
彼らを育てあげる
指導者の方々の思いに馳せることで
より一層
高校野球の持つ魅力を
さらに感じることが出来ます

沖縄県高等学校野球連盟

60周年を記念して作られた

沖縄県高校野球史第五巻より
高校野球指導者の方々の
至極のことばを
こちらアイランドスタジアムでも
載せておきます

野球というスポーツは”間”があり、その中で色々なことを考える

「私は、野球というスポーツは非常に間がありまして。その間の中で色々なことを考えられるスポーツだと思っています。
サッカーやバスケットなどは考え込む前にパッと動いていくもの。対して野球のように間のあるスポーツというのは見る方も、次はどのような作戦で来るのかとか。ピッチャーはどのような球を投げてくるのだろうとか。非常に間があって大変、お互いに考える力を作れる。野球のそれも、いいスポーツだなと思っています。
それだからお互いが創意工夫していける。例えば運動場が小さいとか、練習時間が短いとか。色々な環境の中でも、そのチームなりに創意工夫しながらやっていける。それが出来るスポーツが野球。指導者の方々の、そういった色々な創意工夫が生徒を育てる、あるいはチーム力を上げていく。野球とは、そういうスポーツだと思っています。」

〜 前沖縄県高等学校野球連盟会長 神谷 孝氏 〜

第64回沖縄県高校野球春季大会では、那覇−石川戦での0-3から石川高校が見せた9回8得点や、美来工科−美里工戦での1-5から美里工が見せた9回5得点などたくさんの逆転劇がありました。
どんなに点差があっても、そのイニングの先頭打者がヒットか四球などで出塁すると「何かが起こる」と、我々ファンは期待しますが、その裏返しとして「ここは何をやってくるのだろう。また守りはどう対処していくのだろう」というような思いに馳せます。
僕らが考える”間”があれば、ベンチが考える”間”があり、バッテリー間が考える”間”、バッターが考える”間”など、ほんの数秒からファールなどでボールデッド状態下の数十秒、タイムが掛かった数分などなど。
様々な”間”から、数々のドラマが生まれる、それが野球の持つ魅力の1つです。(當山)

Share Button

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


試合等撮影致します

「大会の撮影(個人、チームごと)を引き受けたらいいのに」

そのような声を、徐々に頂くようになりました。

仕事の兼ね合いもあり、お客様の全ての要求に応えられるわけではありません。

それでも、前もって試合やその他の情報を前もって教えていただくことで、対応していきたいと思います。

また、投HPでの掲載写真の購入依頼も引き受けいたします。
(おきなわ野球大好きに掲載されている写真は、おきなわ野球大好き(比嘉)へお願いします。それ以外の写真のみ引き受け致します)

- 試合撮影以来 -
(個人) 5000円~
(チーム)10000円~
※後日、データをCD-Rに焼いてお送りいたします

- HP掲載写真購入依頼 -
(個人引き延ばしA3)4000円
(同A4)2500円

詳しいことをお聞きしたい方は下記のアドレスまでお願いします
islandstadium@gmail.com(當山)

アーカイブ

憧れの前田智徳さんと

憧れの前田智徳さんと

Sponsserd link

Sponserd link

Sponserd link

Count per Day

  • 2779943総閲覧数:
  • 283今日の閲覧数:
  • 345昨日の閲覧数:
  • 11659月別閲覧数:
  • 1760133総訪問者数:
  • 205今日の訪問者数:
  • 245昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年7月9日カウント開始日:
error: 閲覧下さりありがとうございます
ツールバーへスキップ