沖縄の野球~アイランドスタジアム 学童野球から社会人、プロまで。沖縄の野球界を応援します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球至極のことば4

img_1430.jpg
Share Button

僕ら高校野球ファンは
選手たちの真剣なプレーや
心からの笑顔など
グラウンドの内外で魅せる
彼らの姿に惹きつけられます

それと同時に
彼らを育てあげる
指導者の方々の思いに馳せることで
より一層
高校野球の持つ魅力を
さらに感じることが出来ます

沖縄県高等学校野球連盟

60周年を記念して作られた

沖縄県高校野球史第五巻より
高校野球指導者の方々の
至極のことばを
こちらアイランドスタジアムでも
載せておきます

(アイキャッチ画像はイメージです)

「ピッチャーというのは牽制とフィールディングが出来ればゲームを作れる」

沖縄のチームの良さというのは、年中野球が出来るということで小手先も含め非常に器用なんですね、子供たちは。また、形にあまり嵌められてないというところでは、色々なトリッキーな動きも上手いということ。
宜野座のときに奥濱さんが色々研究して、あれからだいぶ上がったと思うのがピッチャーの牽制、それからバント守備の上手さ。これは本土のチームとは比較にならないくらい、沖縄県内のどのチームも上手い。本土のチームがびっくりするのはそれですね。」

〜 美里工業高校野球部監督・神谷嘉宗氏 〜

時折、ゲームを観戦している方々の口から漏れることばが「最近の子はバントがなぁ。進められないと勝てないよ」です。
しかし僕はもう、ずっと前から思っていましま。バントする側が下手なのではなくて、させる側が上手い。配球から転がせる場所から全て計算し尽くして、それでいて普段の練習で培ったフィールディングで二塁フォースアウトにする。もうこれは、僕にとっては当たり前の光景なのです。「だったらバントではなくヒッティングに切り替える野球の時代に入っても良いけどなぁ」とも思ってます。
でも、その根っこ(バントさせないフィールディング)が、神谷監督のことばから伺えたのは本当に勉強になりました。
いつか学童の指導者に戻ったら(笑)、勝ち負け関係ない、でもどこにも真似出来ないトリッキー動きの軍団にしたいです(^^。(當山)

Share Button

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


試合等撮影致します

「大会の撮影(個人、チームごと)を引き受けたらいいのに」

そのような声を、徐々に頂くようになりました。

仕事の兼ね合いもあり、お客様の全ての要求に応えられるわけではありません。

それでも、前もって試合やその他の情報を前もって教えていただくことで、対応していきたいと思います。

また、投HPでの掲載写真の購入依頼も引き受けいたします。
(おきなわ野球大好きに掲載されている写真は、おきなわ野球大好き(比嘉)へお願いします。それ以外の写真のみ引き受け致します)

- 試合撮影以来 -
(個人) 5000円~
(チーム)10000円~
※後日、データをCD-Rに焼いてお送りいたします

- HP掲載写真購入依頼 -
(個人引き延ばしA3)4000円
(同A4)2500円

詳しいことをお聞きしたい方は下記のアドレスまでお願いします
islandstadium@gmail.com(當山)

アーカイブ

憧れの前田智徳さんと

憧れの前田智徳さんと

Sponsserd link

Sponserd link

Sponserd link

Count per Day

  • 2720538総閲覧数:
  • 143今日の閲覧数:
  • 387昨日の閲覧数:
  • 11995月別閲覧数:
  • 1723370総訪問者数:
  • 102今日の訪問者数:
  • 277昨日の訪問者数:
  • 15現在オンライン中の人数:
  • 2014年7月9日カウント開始日:
error: 閲覧下さりありがとうございます
ツールバーへスキップ