沖縄の野球~アイランドスタジアム 学童野球から社会人、プロまで。沖縄の野球界を応援します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄県高校野球クインテット~神谷 嘉宗監督

00002860
Share Button

ここ10年間で100試合以上、

且つ70勝利以上を記録している監督さんは

八重山商工・伊志嶺監督

美里工・神谷監督

糸満・上原監督

沖縄尚学・比嘉監督

興南・我喜屋監督

の、クインテット5監督。

その5人の過去10年間の通算勝利数をまとめてみました。

セカンドバッターは神谷 嘉宗監督です。

神谷 嘉宗監督

1993年、前任の前原から中部商へ異動した神谷監督。

いまでこそ、強豪校の仲間入りをしている中部商だが、

1983年夏の選手権沖縄大会で初のベスト8入りして以降、初戦敗退が続いていた。

監督へ就任した1993年も1回戦敗退で10年間、白星がなかったほどだ。

しかしここから立て直してきた神谷監督。

1997年に同校初のベスト4入りへ導くと、2001年には宜野座に惜しくも敗れるも準優勝した。

しかしこの準優勝が、神谷監督を「悲運の将」としていく。

2002年4月に浦添商に異動したあと、2005年決勝進出も敗退。そして2007年の決勝戦。

それまで24年間も甲子園から遠ざかっていた興南が相手。

しかもその前の年の秋季県大会で浦添商率いる神谷監督は、興南と2回戦で対戦し

なんと11-0の大勝利を収めていた。

選手権沖縄大会決勝で対戦した両校は

延長15回を戦って1-1の引き分け。

そして再試合では0-2で敗れてまたもや”甲子園”に届かなかったのだ。

その興南を率いたのが我喜屋優監督(2007年4月監督就任)であった。

しかし、神谷監督は常に前を向き続けた。

伊波翔悟を順調に育て上げ、

翌08年の選手権沖縄大会で東浜巨(ソフトバンク)擁する沖縄尚学を倒し遂に悲願の初優勝。

さらに甲子園でもベスト4入りを果たしのだ。

その後、伊波友和らを立派に育て上げて

2012一年生中央大会、2013新人中央大会、2013秋季県大会と,

故栽氏をはじめ、歴代の名将が誰一人なし得なかった史上初の3大会連続制覇(同一年メンバー)を達成。

一年生中央大会4連勝 V
新人中央大会4連勝 V
秋季県大会5連勝 V
九州地区高校野球大会3勝1敗 準V

と、九州大会でも結果を残し、2014年の全国選抜高校野球大会への出場を果たしたのだった。

00015713

Share Button

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


試合等撮影致します

「大会の撮影(個人、チームごと)を引き受けたらいいのに」

そのような声を、徐々に頂くようになりました。

仕事の兼ね合いもあり、お客様の全ての要求に応えられるわけではありません。

それでも、前もって試合やその他の情報を前もって教えていただくことで、対応していきたいと思います。

また、投HPでの掲載写真の購入依頼も引き受けいたします。
(おきなわ野球大好きに掲載されている写真は、おきなわ野球大好き(比嘉)へお願いします。それ以外の写真のみ引き受け致します)

- 試合撮影以来 -
(個人) 5000円~
(チーム)10000円~
※後日、データをCD-Rに焼いてお送りいたします

- HP掲載写真購入依頼 -
(個人引き延ばしA3)4000円
(同A4)2500円

詳しいことをお聞きしたい方は下記のアドレスまでお願いします
islandstadium@gmail.com(當山)

アーカイブ

憧れの前田智徳さんと

憧れの前田智徳さんと

Sponsserd link

Sponserd link

Sponserd link

Count per Day

  • 2450127総閲覧数:
  • 124今日の閲覧数:
  • 854昨日の閲覧数:
  • 12487月別閲覧数:
  • 1551352総訪問者数:
  • 87今日の訪問者数:
  • 443昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014年7月9日カウント開始日:
error: 閲覧下さりありがとうございます
ツールバーへスキップ